デザインの制作から可能。オーダー製作から印刷のみも対応。自由にカット可能なのぼり旗から形の変わったバナーも取扱!17,000件以上の製作実績。北海道から沖縄県まで全国対応!デザインからのご依頼は初稿3デザイン提出。
お電話での受付は
TEL050-5269-2994
受付時間 平日9:00〜18:00

【最新】のぼり旗にひと工夫!飽きられない広告のコツとは?

認知度UPのためには、いったいどんな広告手法がいいのか――。

ブランディングをしていく上で同じ広告を打つことは大切ですが、
時には斬新な広告を打ち、飽きられない工夫をすることも重要です。
実際、多くの皆さんが試行錯誤されていることと思います。

そこで今回は「飽きられない店舗づくり」をテーマに
実際に弊社で提案した事例をお話させていただきます。

そののぼり旗、いつの間にか忘れられてしまうかも!?

突然ですが、質問です。

牛丼店といえば?
ファストフード店といえば?
眼鏡店といえば?

答えはきっと、よく知られたお店の名前が出てくるはずです。

でもそれは、試験勉強のように頑張って覚えたものではなく、
好きなお店だから、よく行く場所だから、いつも見かけるから――などの理由で、
何となく覚えてしまったからではないでしょうか。

そのように、何となく自然に覚えてもらうためには、
テレビCMのように「同じ広告を打ち続ける」という方法があります。

イメージソングやキャッチコピーをいつの間にか覚えてしまうように、
認知度は同じ広告を打ち続けることにより高まるからです。

そして、覚えてもらったら次は、気づいてもらうことが大切です。
例えば、いつも同じデザインののぼり旗を店舗前に立てれば、
何のお店かはすぐ覚えてもらえるでしょう。

しかし、毎日のぼり旗を見る人にとっては立っていることが当たり前になり、
日常の風景となって、いつしかそこにのぼり旗があることさえ忘れられてしまうかもしれません。

せっかく覚えてもらえたのに景色の中に埋もれてしまったら、
来店に繋がらない可能性もあります。もったいないですよね!

では、どうすればいいのでしょう?

のぼり旗の色や形を自由自在に変えてみよう

人には、周りと違うものに関心をもつ習性があります。

例えば、赤い服を着た集団の中に、たった一人青い服を着た人がいたら、
すぐに見つけられますよね。

ですから、興味・関心をもってもらうために「色を変えること」をおすすめします。
そして、その上でさらに「形を変えること」をおすすめしたいと思います。

四角い形が一般的なので、「のぼり旗は四角いもの」と
思い込んでいらっしゃる方が多いようですが、実は色んな形で作れるんです。

このように、丸くカットしてみたり

真ん中に穴を空けてみたり

人型に切り抜いてみたり

のれんのようにひらひらさせることもできるんです。

ちょっと違う形ののぼり旗が立っていたら、思わず見てしまいませんか?

これ何だろう? と、のぼり旗に気づいてもらい興味をもってもらえれば、
お店の認知度は高まり、来店に繋げられる可能性も大きくなるはずです。

では、色や形を変えるだけで、いいのでしょうか?

のぼり旗に季節感を取り入れて見る人を楽しませよう

色も形も変えてはみたものの、もっと工夫できることはないだろうか?と考えてみたところ、
まだまだできることがありました!

それは、のぼり旗に「季節感を取り入れること」です。

たとえば春に、このようなのぼり旗を見たことありませんか?

新生活の季節には、キャンペーンを実施することが多いため、
需要に合わせた広告が増えることもあります。

では、こちらはいかがでしょう?
こいのぼりののぼり旗です。

こいのぼりの購買意欲を促すためではありませんが、
端午の節句の行事や風習を感じられるのぼり旗が立っていたら、いかがでしょう?
「もうそんな季節か…」と、思わず見てしまうかもしれません。

季節の移り変わりに合わせてのぼり旗を入れ替え、
見る人を楽しませることができれば、広告に飽きられることもなくなります。

のぼり旗のキャッチコピーやメッセージを変えてみよう

飽きられないための効果的な方法として「色や形を変えること」「季節感を取り入れること」を
お伝えしましたが、最後にもう一つ紹介させてください。

それは「キャッチコピーを変えること」です。

例えば、こちらは一般的なデザインののぼり旗。
メッセージもデザインもわかりやすいと思います。

でもたまには、まるで話しかけるようなキャッチコピーやメッセージにしてみてはいかがでしょう?
こののぼり旗、読んだら思わずその先を知りたくなりませんか?

実はこれ「アイ・メッセージ」と「ユー・メッセージ」という心理学の手法に基づいています。

アイ・メッセージとは「アイ(I)=私は」を主語にして話すという手法、
そして、ユー・メッセージとは「ユー(YOU)=あなたは」を主語にして話す手法です。

アイ・メッセージもユー・メッセージも、使い方によってはそれぞれメリットとデメリットがあります。
何を一番伝えたいかを軸に、キャッチコピーやメッセージを工夫するとより効果的だと思います。

飽きられていないかな?と思ったら、まずはご相談ください

今回は実際の事例をもとに「飽きられない店舗づくり」についてお話をさせていただきました。
集客・認知度UPやブランディングのアイディアとしてお役に立てると嬉しいです。

弊社では、集客効果を高めるための販促物の活用方法についてさまざまなご提案を行っております。

ブランティングどうしよう?
広告飽きられていないかな?

そんなお悩みをおもちでしたら、まずはお気軽にお問い合わせください!

のぼりのデザインに関するご相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

【モリアゲアイテムの定番!】レギュラーのぼり旗