デザインの制作から可能。オーダー製作から印刷のみも対応。自由にカット可能なのぼり旗から形の変わったバナーも取扱!17,000件以上の製作実績。北海道から沖縄県まで全国対応!デザインからのご依頼は初稿3デザイン提出。
お電話での受付は
TEL050-5269-2994
受付時間 平日9:00〜18:00

【最新】推奨するのぼりの設置方法

こんにちは。
モリアゲアドバイザーエンドラインのおなつです。

店舗アピールに欠かせない販促ツールとなった「のぼり旗」。
しかし、適さない場所での設置や、誤った方法での設置をしてしまうと
法律違反になったり、のぼり旗が破損してしまう恐れもあります。
設置場所によっては「許可」についても確認が必要です。

【モリアゲアイテムの定番!】レギュラーのぼり旗

そこで今回は、
・のぼりを設置する場所の確認方法
・道路に設置する際の許可申請手続き
について解説したいと思います。

のぼり旗専門コンシェルジュがオススメするのぼり設置方法もご紹介しますので
ぜひ参考にしてくださいね。

 

まず初めに、のぼりを設置してよい場所なのか、しっかりと確認しましょう。
たとえ自分の店舗の前であっても、法律違反になってしまうことがあります。
以下、詳しくお話します。

1.のぼり設置場所の確認

店舗の敷地内や私有地などであれば、のぼり旗の設置は自由です。
事前に敷地の境界線を確認し、トラブルを避けるようにしましょう。

また、たとえ敷地内であっても、
車・自転車の移動や通行人の妨げになる場所は避けるべきです。
設置前にしばらく様子を見るなどして、確認してから設置するようにしましょう。

1-1【敷地内にのぼりを設置したい場合】

店舗の敷地内や私有地などであれば、のぼり旗の設置は自由です。
事前に敷地の境界線を確認し、トラブルを避けるようにしましょう。

また、たとえ敷地内であっても、
車・自転車の移動や通行人の妨げになる場所は避けるべきです。
設置前にしばらく様子を見るなどして、確認してから設置するようにしましょう。

 

1-2【道路にのぼりを設置したい場合

「道路」とは、私有地以外で車や人が通る道のことを言います。
道路では多くの人が行き交うため、
のぼり旗で訴求することは、有効的なアピール方法だと言えます。

一方で、自分の敷地内や私有地にのぼりを設置しても、
「道路からは見えづらい」というようでは十分な宣伝効果は見込めないでしょう。

そのような場合に、自分の敷地と道路(歩道)をまたがって
のぼり旗を設置する場面が出てくるかと思います。

しかし、一般的に、私有地以外の道路(歩道)に許可なく
のぼりなどの広告物を設置することは禁じられており、
場合によっては法律違反になる場合があります。

よって、道路(歩道)に設置したい場合は、設置場所を管轄する部署に問い合わせ、
申請の手続きを行うようにしましょう。

 

1-3【のぼりの許可申請について】

上記のように、のぼりを道路に設置したいときは、
「道路使用許可申請」をする必要があります。
基本的には、のぼりを設置したい道路の管轄をしている警察署に申請しますが、
まずは近くにある警察署の交通関連の部署に問い合わせしてみてください。
その方が話がスムーズに進む場合もあるため、おすすめです。

また、道路使用許可申請をする時に必要なものは、下記の5つです。

・道路使用許可申請書
・のぼりの設置を考えている道路の地図や範囲
・現場見取り図
・設置予定であるのぼり旗のデザインを印刷したもの
・申請料 ※各自治体によって異なるため、事前に確認しておきましょう。

【道路使用許可申請書】 警視庁のHPからダウンロードし、2部作成

(引用)警察庁ホームページ 道路使用許可の概要、申請手続等
https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/seibi2/shinsei-todokede/dourosiyoukyoka/permission.html

申請を行ってから許可が出るまでには数日かかる可能性があります。
そのため、のぼりを設置したいタイミングに間に合うよう、
余裕をもって申請されるようオススメします!

 

2.のぼり設置の手順

では、実際に設置するときの手順を確認しましょう。
まず初めにのぼりの仕様についてです。
ポールの中に「横棒」がセットされているので、お忘れなく!

 

確認できたら、実際にのぼりを組み立ててみましょう。
①ポールの中から上部ポールを出して置いてください。

 

②ポールにのぼりの側部にあるすべてのチチを通します。

 

③上部ポールをチチに通します。

上部ポールはポールキャップの穴に通して長さを調節しましょう。
上部の端は、ストッパーに必ず通してください。
最後にポールの長さを調節して、注水台に立てれば完成です。

※レギュラーのぼりの場合、注水台に水を入れたときの重さは約10キロです。
※風が強い場所では倒れる可能性があるため、設置はおすすめしません。

また、設置方法の動画もあるので、こちらもぜひご覧ください。

3.オススメするのぼり設置の方法

最後にのぼり設置のコツをお話しします!
のぼり旗1枚でも訴求効果は見込まれると思いますが、
より視認性をアップさせるために、2枚以上ののぼりを設置することをオススメします。

【モリアゲアイテムの定番!】レギュラーのぼり旗

3-1【同じのぼりを複数枚設置する】

写真のように、同じデザインののぼり旗を複数枚設置すると、
統一感が出て訴求力が高まります。
特に、オススメしている商品や物件などをアピールする時や
特定のキャンペーンをアピールしたい時にうってつけな方法です。

3-2【同じ内容だが色が違うのぼりを設置する】

同じデザインののぼりでも、
「色違い」を並べて設置するとそれだけでにぎやかになり、
同じ色ののぼりを並べるのとは違う印象を与えることができます。
オシャレさや華やかさをアピールしたい時には特にオススメです!

先ほどもお伝えしたように、のぼり旗は「視認性」がとても重要です。
ただ何となく設置するのではなく、

「どのように設置したら見てもらえるか?」(見せ方の工夫/見え方の確認)
「どういった人に見てもらいたいか?」(ターゲットの明確化)

といったことまで考慮した方が、集客効果を見込めます。
設置の前に一度立ち止まって考えてみるといいかもしれませんね!

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?
このように、のぼり旗を設置するだけでも気を付けるべきポイントがたくさんあります。
ぜひ正しく、効果的な設置方法で集客アップを叶えましょう!

他にものぼり設置に関するご不明点などございましたら、
いつでものぼり旗専門コンシェルジュが承ります。
お気軽にご連絡ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

<ご相談はこちらから>